忍者ブログ
ドローの選択
現在サドンデスドロー3枚+ストームドロー1枚のドロー枠(スピリット除く)を、墓石2枚+マイコン2枚に変更してみました。しばらくこれで試してみます。
マイコンは破壊時効果カードにも刺さりますね。メイン効果で使用後、隙ができるのが苦手でしばらく不採用でしたが、このまま投入してみます。BPアップにも使えるので。
墓石は貼り過ぎてもデッキアウトの可能性があると思い、2枚にしてみました。今は青も多そうですし…。
それぞれのカードの個人的感想を。
〔サドンデスドロー〕
メリット:40枚デッキが実質37枚で組めるのは大きいです。デッキ圧縮はキーカードを引くのに大事なので。また事故になりにくい、というのもあります。入れるなら3枚。
デメリット:BP1000アップは微妙。ミラーで同相手を返討ちにするとか。また単体として強いわけではないので、その枠で強カードを投入したい気もします。ネクサスでないため、スピリットに軽減が効かせられないのも痛い。
〔古戦場〕
メリット:紫最強ドローカード。紫使いなら1度は使用するカード。対紫、白には強いです。2枚~3枚投入したいところですが、事故を考えると2枚でもいいかも。
デメリット:シダやヴィクトリー、ドラグで涙目。軽減が効いても3コスいるので、出したターンに隙ができます。
紫を意識して、シダ採用が増えている気が…。緑、赤、青に相手には難しいところ。
〔呪われし神殿〕
メリット:ミラーにはBPアップが大きく、対緑にはレベル2効果を変化できるのが便利。古戦場よりコストも軽いです。
デメリット:コア不足に泣く紫には、レベル2効果でのコア乗せがきついです。出すのにも最低3コア必要。個人的には神殿より古戦場派。
〔暴かれた墓石〕
メリット:無魔デッキには必須、古戦場や神殿よりコストも軽く、優秀なネクサス。
デメリット:スピリットの破壊依存。コアブーストするため序盤にライフで受けることもありな紫には、選択が悩ましいところ。(無魔デッキなら破壊させますが) 
うかつに無魔で複数貼ると、デッキアウトすることもあり。(実話)

他にもドローカードは多くありますが、よく使われてそうなカードを書いてみました。
サドンデスと古戦場を混ぜるなんてのも有りですが、いろいろ選択を悩むところです。

拍手

PR

2010/02/12 21:46 | Comments(0) | TrackBack(0) | 雑文

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<対白 | HOME | 上手くいかず…>>
忍者ブログ[PR]